就職を勝ち取るための対策法


看護師が理想の病院に就職する為にはどのような対策をしたらいいか解説していきます。

好条件の就職をするためのポイント・対策法

看護師の就職先を探す際には、いくつかのポイントを押さえておくと、好条件の病院を見つけられます。いくつか、その対策法がありますから参考にしてみてください。

若葉のアイコン転職サイト選びでの対策法
転職サイトはいまや数十社あります。「どこのサイトもたいして変わらないだろう」と、思うかも知れません。ですが、この転職サイト選びで理想の就職先を勝ち取れるかどうかが決まるといっても過言ではありません。
たとえば、就職したい病院の求人数が少なければ、自分の理想の職場は見つかりにくいです。また、コンサルタントのサポートが悪ければ、悪条件で就職させられたり、就職してみたら「こんなはずじゃなかった…」ということにもなりかねないのです。そもそも採用すらされないかも知れません。

若葉のアイコンコンサルタントのアドバイスは参考に
アドバイスをするコンサルタントのイメージ写真就職は自分ひとりで勝ち取るもの、コンサルタントは所詮看護師ではないのだから、こちらの気持ちはわからない、と思いがちです。実際、ほとんどのコンサルタントは看護師ではありません。しかもコンサルタントによっても質が違いますし、サイトによっても異なります。そのため必ずしも信頼できるというものでもありません。

ですが、たいていは多くの看護師の就職を手助けしてきていますから、その際にさまざまな看護師の悩みや相談に乗っています。この病院のどんなところが嫌だったなど、病院を辞めた理由から、その病院の内情を知ることができます。看護師転職サイトによっては、直接病院に出向いて、スタッフにヒアリングしてくるところもあります。
こういったコンサルタントのアドバイスは、自分では知りえない情報も手に入れることができますから、是非とも参考にしてもらいたいです。

若葉のアイコン妥協しない
今は不景気で、一般の人もなかなか就職できない状態にあります。ですが、看護師の場合は、病院側の看護師不足により比較的就職率はいいです。しかも好条件で就職することもできるかも知れません。そのため、決して妥協してはいけません。なかなか自分の理想とする病院が見つからないから、という理由で妥協してしまっては、また転職するはめになります。
自分一人ではなかなか見つけられない求人情報も、転職サイトを利用すれば比較的簡単に見つかる可能性もあります。まずはダメ元で条件を提示してみるといいでしょう。

就職を勝ち取る裏技的対策法

好条件の就職を勝ち取るためには、転職サイトの利用は欠かせません。上記のように、転職サイト選びも重要な対策になりますが、実はその際に裏技的な対策法があります。

それが、“転職サイトは1社に絞らない”ということです。転職サイトはたくさんあり、それぞれに特徴があります。首都圏に強いサイト、地方の求人数が多いところ、コンサルタントのサポート、コンテンツが充実しているサイトなどさまざまです。また、求人情報もA社のサイトには載っているけど、B社には載っていない、その逆のパターンもあるのです。それをどちらかに絞るのではなく、両方の求人情報をチェックすることで、より多くの求人を見ることができるのです。

登録料はどこもかかりませんから、2~3社くらいを併用するといいかも知れません。数十社すべてを登録してもいいですが、電話やメールがさらに増えることになりますから、その対応が大変になるでしょう。